『つぶやき天使』の著者、主晴・松永亜鈴のオフィシャルサイト『天の戸開 ~神界・神霊界と繋がるリアル光通信~』




















自分の過去世がわかる
人間関係が明確になる
魂を浄化できる
自分に憑いている方が救われていく
カルマの清算が許される
魂のステージ(霊層界)が上がる
運命が開花してくる
望んだ事が実現してくる






思い悩んでいた問題を解決して、
暗い人生のトンネルから抜け出したい。


過去世から来るカルマが何であるかを解明して、
悪の因縁を断ち切りたい。


今迄気付かなかった、自分自身の至らなさを知り、
性格を改善して想念界を向上したい。


相手の言葉や態度に右往左往されることなく、
どんな時でも善想念を確立したい。


相手の悩みや苦しみを
自らができうる限りお救いさせて頂けるように、
人様のお役に立ちたい。


今いるステージから思い通りのステージへと上昇し、
運命を開花させたい。


共に笑い、共に泣けるような愛を育み、
幸せな人生を二人で築いていく、
一生のパートナーと出逢いたい。


自分の中に眠っている才能や可能性を引き出して、
今描いている夢を現実化したい。


このような思いや願いのある方、
または他に悩みのある方も、
超古代文明レムリア時代の
ハイテクノロジーパワーで
神界からの光エネルギーを賜わり、
あらゆる問題が解消され、
運命がどんどん開いていきます。







松永亜鈴のレムリアンテクノロジーヒーリングは
スピリチュアルマガジン『anemone』でご紹介頂きました。








ずっと治らなかった右膝のコブが消えた!


東京都・M様(60代女性)
去年の秋頃から右膝が痛くなり、はじめは小さなこぶでしたが、階段の昇り降りや膝を曲げることが辛くなり、9月に整形外科ので診てもらいました。 結果は異常なしで、痛み止めの薬を頂きましたが、飲まずに我慢しておりました。 その後だんだんとこぶが大きくなってきて、こぶし大の大きさまで膨れ上がってしまい、二人のヒーラーの方に見てもらいました。 しかし、何ら変化もなく、辛い日々が続いておりました。 今まで介護と清掃の二つの仕事をしておりましたが、辛いので仕事を半分に減らし家で休んでいても、一向に治りませんでした。 そして、2018年3月16日。ヒカルランドでありんさんのつぶやき天使セミナーがあり、出席しました。 その後、五回続けて赤羽の光のサロンで レムリアンテクノロジーヒーリングを受けました。 1回目から、右膝に私の前世の旦那だった方が憑いていることがわかり、ある事件に巻き込まれ、濡れ衣をさせられ右膝を切り落とされたと聞かされました。 その事件とは、戦国武将・大谷吉継の辻斬り事件だそうで、大谷吉継は聞くところによりますと、亜鈴さんの前世だそうで、私もその事件に関わっていたことが判明しました。 ヒーリングを受けていくうちに、右膝の膨らみが段々と下に降りてきて、五回目の時には、右足の足首まで降りていました。 リーディングの時は、正座ができずに右足を伸ばして受けました。 その日は、日の神様・主晴様・大天使ミカエル様・そして前世旦那だった方が出てこられ、旦那だったという御霊さんが、「足がだいぶ楽になってきた」と話されました。 リーディングが終わってトイレに行き、帰ってくると、亜鈴さんがニコニコ笑って「今主晴様が、尿や便で出てくるよと言っていますよ」と言いました。 そして、体のヒーリングを受けていると、亜鈴さんが私の足を見て「コブがなくなってるよ」と言い、見てみると、あの右足首に降りていた大きなこぶがなくなっていることに気付きました。 痛みもなく、正座もできるようになり、私は大変驚いて、これは大奇跡だと笑顔で家に帰りました。 全ては過去世からのカルマなのだと実感したとともに、神様と主晴様、そして亜鈴さんに感謝いたします。 ありがとうございました。


お客様層は実にさまざまで、
幼稚園児のお子様から20代の男性、
30代の女性や80代の男性、
時にはワンちゃん猫ちゃんなど
動物のお客様もいらっしゃいます。







松永亜鈴のレムリアンテクノロジーヒーリング
30分:13,000円 (ヒーリングのみ)
60分:18,000円 (ヒーリング・リーディング)
場所:光のサロン
〒115-0045 東京都北区赤羽2-2-2-416
赤羽駅北改札東口 西友ストア中入り、出て目の前のマンション

当日、現金でのお支払いとなります。
また、お客様の元へお伺いする出張ヒーリングも可能でございます。
その場合、別途交通費+5,500円を頂戴しております。
お急ぎの方に適した遠隔ヒーリングは、15分3,300円です。
何かご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
お申込みはこちら
(必須)例)山田 太郎
(必須)
(必須)
(必須)例)mail@example.com
例)03-1234-5678
ご希望のお日にち、辛いお身体の症状や心の悩みなどございましたら、お聞かせください。


▲ PAGE TOP

inserted by FC2 system